英単語を超短時間&短期間で覚える方法|楽に簡単に覚えられます

悩んでいる人

英単語を覚えるのが苦手です。
短時間&短期間で効率よく暗記する方法とかあるのかな?

こんなお悩みにお答えしていきます!結論から言いますとあります!

✔本記事の内容

・英語学習での英単語の重要性

・英単語を短時間&短期間で暗記するテクニック

・目的別おすすめ英単語帳紹介

✔この記事の信頼性

この記事を書いている”英語のチキン(@chicken_Eng)”は、TOEIC初受験で850点を取りました。そして、それを武器に大学院試験を受け、理系最高峰の東京工業大学に見事合格しました。 TOEICは大きな武器になることを知ってもらいたく情報発信を行っています。

英単語を黙々と覚えるのって、ストレスですよね。私も、テクニックを知る前に、とにかく黙々と英単語を暗記していた時はめちゃくちゃ疲れたし、蕁麻疹が出るほどストレスでした。 でも、今ではストレスフリーで効率よく英単語を覚えることができています。

この記事を読むことで、短時間&短期間で英単語を暗記することができるようになります。

この記事は5分で読めます。

英語学習での英単語力の重要性

英単語を覚えるのって、すごく疲れるし数も多くて嫌になっちゃいますよね。でも、英語学習において英単語力というのはめちゃくちゃ重要です。

英語学習での英単語というのは、数学の計算公式、力学のma=F、化学の元素記号に当てはまります。(文系の方ごめんなさい) 

つまり、知らないで学習を始めてしまうと、問題を解くのがめちゃ大変or解けない という状態に陥ってしまうということです。自分は、高校二年生の時に『鉄壁』というめちゃくちゃ分厚い英単語帳をマスターして、偏差値60前後からが80近くまで伸びたという経験があります。

英単語を完ぺきにすることで、周囲とかなり大きな差を付けることに繋がります。

是非、英単語の重要性を理解した状態で英単語の暗記を始めましょう。

英単語を短時間&短期間で覚える暗記法

英単語を短時間&短期間で覚えたいという方向けに5ステップで方法をご紹介します。以下の流れで進めてみてください。基本的に、以下では英単語帳を使っていることを前提としています。

英単語の暗記法5ステップ

①英単語帳をまずは1周サラッと読む

②英単語と意味を確認しながら2周サクサクと読む

③英単語・例文・意味を読みながら1周読む

④英単語を見て、意味が出てくるかチェック→分からない単語にマーク

⑤マークが付いている単語だけ見て、意味が分かるかチェック

これでOKです。以下でそれぞれについて詳しく説明します。

①英単語帳をまずは短時間で1周サラッと読む

まずは手元に英単語帳を用意してください。ステージ1では英単語帳を1周サラッと読みます。

多くの人が英単語帳を暗記するときに、1周目から本気で覚えようとしますよね。でも、それはあまりお勧めしません。なぜなら、1周目でちゃんと覚えても一か月もたてば忘れてしまうからです。皆さんもそんな経験ありますよね。少し前にちゃんと覚えたはずの英単語帳を見直してみたら忘れていた… よくやりがちです。

そこで、1周目はサラッと読んでしまいます。これが短時間&短期間で暗記するのに必要です。ちゃんと読むのではなく、サラッと読む理由は、英単語に触れる回数を増やす&挫折防止です。自分も昔、1周目からちゃんと読んでいたのですが時間はめちゃくちゃかかるし、嫌になって度々挫折していました。

なので、1周目は軽く英単語とその意味を確認してください。英単語に触れる回数を増やすことで、英単語定着力を上げることに繋がります。一日に進める目安としては、200単語を20分くらいで進めましょう。これは目安なので人によって変わっても大丈夫です。ポイントは一日でかなり多くの単語に触れられるようにサラッと読むことです。

②英単語と意味を確認しながら2周サクサク読む

そして、英単語帳をサラッと1周読めたら、ステージ2では英単語と意味を確認して1単語10秒くらいでサクサク先に進めます。

1単語10秒で取り組むことで、一日で100単語に取り組むとしても20分以内で終わります。電車に揺られる時間や隙間時間を活用すれば容易に捻出できる時間でかなり短時間ですよね。

このように、合計で3周の英単語に触れる機会を創ることでなんかこの単語見た気がする!という状態を作れます。単語によっては、覚えているものも増えていると思われます。

しかも、割と短いスパンで英単語帳を進めています。完全に忘れてしまう前にまた英単語に触れられるので、脳科学的な観点から見ても理にかなっています。

Wikipedia 忘却曲線より

こんな風に、1日、2日…と立っていくと人の記憶は減衰していきます。なので、ちょこちょこ英単語に触れる機会を創ることで、記憶を長期間保持することに繋がります。

③例文を音読しながら1周読む

合計で3周英単語帳を繰り返し取り組んでいくと、だいたいは英単語を覚えてきます。そこでステージ3で取り組んで頂きたいのが、例文を音読することです。

例文を読むことで、生きた英語の形でその単語を覚えることができます。その中で発音を知ることができ、リスニングでその単語が出た時にも、対応できるようになります。

例文や単語の音読は、視覚と聴覚を同時に刺激することができるので、単語を忘れにくくなると言われています。

なのでこの段階では多少時間が掛かるのはしょうがないので、単語の発音→意味の確認→例文の音読 という流れで一周進めてみましょう。一日で50単語くらいが目安です。

『そういわれても、発音記号とか正しい英語の発音が分からない』という方も多いと思います。そんな方におすすめな参考書があります。英語耳です。


【音声ダウンロード付き】改訂3版 英語耳 発音ができるとリスニングができる

正しい英語の発音ルール、発音記号の意味など今後の英語学習にも必ず活きることが学べます。Amazon評価もかなり高いので、是非ご利用ください。

④英単語を見て、意味が出てくるかチェック→分からない単語にマーク

ステージ4では、単語、例文を正しく発音できるようになったら、ちゃんと覚えられているか確認しましょう。

最初から英単語帳をまた始めるのですが今回は覚えるのではなく、覚えているかテストします。 つまり、”dog”という単語を見て、”犬”と分かるか確認するということです。

これを単語帳全ての単語で行います。覚えられていない単語には、印を付けて分かりやすくしておきます。

この作業を行うことで、自分が覚えていない単語だけがピックアップされた単語帳が完成します。後は、この単語帳を印の部分だけ繰り返すだけです。

⑤マークが付いている単語だけ見て、意味が分かるかチェック

ステージ4で印を付けたので、ステージ5ではそこだけ重点的に暗記していきましょう。私の場合、5周くらい知らない単語を繰り返すとほぼ覚えられます。

後は、とにかく自分の知らない単語がなくなるまで繰り返すだけです。是非、ここの作業は何度も何度も根気よく繰り返しましょう!この5ステップをきちんとこなすことで、英単語を短時間&短期間で暗記できるだけでなく、英単語を長期記憶として暗記できます。なので、この方法が最も効率が良いです。

以上の5ステップで普段から英単語を暗記しています。英単語を勉強する時間は一日20分を想定しています。これくらいなら忙しくても捻出できる時間だと思います。一日20分をしっかり守って英単語を暗記すると、2か月で1000単語を暗記することができます。大体、英単語帳一冊に1000単語が入っている事を考えれば、2か月で1000単語を覚えられるというのは超短時間&短期間でで英単語を覚えられると言えます。

ただ、もっと短時間で覚えたいという方は一日40分とか60分にすると、2倍、3倍のスピードで覚えられます。でも、挫折しやすいので注意が必要です。

目的別おすすめな英単語帳

ここまで短時間&短期間で英単語を暗記する方法について話してきました。次は、目的別におすすめな英単語帳を紹介します。是非、短時間&短期間で英単語を覚えるためにも自分に最適な英単語帳を選びましょう。以下で、実際に使ってみて良かった単語帳を紹介しています。

●高校受験向け単語帳

『英検三級 出る順パス単』


英検3級 でる順パス単(音声DL付) 英検でる順パス単シリーズ
 ←kindle版

【音声アプリ対応】英検3級 でる順パス単 5訂版 (旺文社英検書) ←単行本版

私が中学生の頃、英語で偏差値70~75を出していたのですが、英検3級以外のために英単語を勉強したことが無かったです。使っていた英単語帳が出る順パス単でした。

高校受験では、難しい単語は出ませんがちゃんと単語の意味を知っているかはめちゃくちゃ大切です。なので、ぜひパス単を完ぺきにしておきましょう。

大学受験(日東駒専レベル~)

『英単語ターゲット1400』

 
英単語ターゲット1400 5訂版 (大学JUKEN新書)

共通テスト~中堅私立レベルと結構幅広めに対応できます。多くの受験生も使っており、お勧めできます。

もう少しレベルが高い単語にも取り組みたい方はターゲット1900もおすすめです。


英単語ターゲット1900 6訂版(音声DL付) 英単熟語ターゲットシリーズ
 

MARCHレベルから地方国立、早慶まで対応できます。受験用の英単語帳で有名です。

●大学受験(早慶~東大)

『鉄壁』


改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

これめちゃくちゃおすすめです。大学受験の英語で、鉄壁に載っていない単語が出ることは稀なくらいに網羅されています。なので、受験用の英単語帳はこれ一冊で十分です。

また、熟語にも対応しているので、熟語もこれ以外で勉強する必要性はあまりないです。

なので、早慶~東大レベルを受験する方は鉄壁を使ってください。しかも、このレベルの受験者は高1の早いうちから英単語に取り組むので、まだ英単語力に不安のある方は今買うことをお勧めします。Amazon評価もめちゃくちゃ良いです

●TOEIC

『金のフレーズ』


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEICは金のフレーズ一択です。600点、720点、860点、990点などと目標点数ごとに単語が分かれており、頻出の単語だけ収容されているので金のフレーズさえ取り組んでおけば十分です。TOEIC受験者やAmazonレビューの評価もかなり高いです。

以下の記事などでも、TOEIC学習で金のフレーズはおすすめと紹介しています。

●TOEICで800点を取得する方法

忙しい人でも時間を英単語を暗記するテクニック

でも、仕事・学校が忙しくてなかなか時間が取れない…という方もいらっしゃると思います。実際に、私も大学3年生で実験や授業がめちゃ忙しく徹夜でレポートもするくらいでした。

でも、そんな方でも英単語を暗記する時間を創るのは可能です!

それは、隙間時間の活用。 これに限ります。

仕事をしている方なら、行き帰りの電車の中やランチ時間の余り。

学生の方なら、行き帰りの電車の中、授業間の休憩時間。

人は忙しいと思っていても、1時間程度は隙間時間を持っていると言われています。5分など細かい時間でさえも、隙間時間として利用できる気力がある方こそ英単語を短時間&短期間で暗記できる人です。

是非、自分の生活を見つめなおして隙間が少しでもあれば英単語を暗記するなど有意義なことに使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は英単語を短時間&短期間で覚える方法について話してきました。

以上に沿って、英単語帳を進めていくことで最も短時間&短期間で英単語を覚えることができます。

まずは以上で紹介した英単語帳を取り組むことから始めましょう。

今回は以上です。

英単語を超短時間&短期間で覚える方法|楽に簡単に覚えられます” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です