金のフレーズの使い方&勉強方法|TOEIC英単語帳はこれで決まり

悩んでいる人

金のフレーズってTOEICの勉強で良いのかな?
どうやって勉強すればいいんだろう

こんなお悩みにお答えしていきます!

本記事の内容

・金のフレーズとは

・金のフレーズの使い方とおすすめ勉強方法

・TOEICでの点数の上げ方

✔この記事の信頼性

この記事を書いている”英語のチキン(@chicken_Eng)”は、TOEIC初受験で850点を取りました。そして、それを武器に大学院試験を受け、理系最高峰の東京工業大学に見事合格しました。 TOEICは大きな武器になることを知ってもらいたく情報発信を行っています。

新TOEIC®TEST出る単特急金のフレーズは数多くあるTOEIC英単語帳の中でおすすめできる英単語帳です。単語力は英語学習の土台になってくれます。

そこでこの記事では、金のフレーズの使い方や勉強方法について話していきます。金のフレーズにしっかりと取り組むことでTOEIC600点~990点まで取ることができます。

金のフレーズをおすすめする4つの理由

金のフレーズの使い方や勉強方法を話す前に、なぜ金のフレーズがおすすめできるのか説明します。

金のフレーズは有名TOEIC講師のTEX加藤先生が全てを捧げた『100%の出る単語帳』です。TOEIC満点を常に出している先生が分析をして、全ての力を込めて作った英単語帳だからこそ、『100%の出る単語帳』という強気なキャッチフレーズが付けられています。
また、金のフレーズをなぜおすすめできるのか?という理由は大きく4つあります。

レベル別に学習できる

TOEIC600点~990点という幅広くを対象としており、自分のレベルに合った英単語をピンポイントで学習することができ、学習効率がとても良いです。以下のように単語レベルは分かれています。

金のフレーズのレベル分け

●600点レベル – 助走の400語

●730点レベル – 加速の300語

●860点レベル – 飛躍の200語

●990点レベル – 頂点の400語

1冊だけでTOEICで求められている英単語を600点~990点まで網羅できています。だからこそ、複数の英単語帳を使ったせいで、重複して単語を覚える羽目になったとか単語帳がかさばって邪魔ということにならないです。

しかも、他の単語帳の多くはレベルが網羅されておらず、トピック別に分かれていてレベルがバラバラだったり、そもそも単語帳1冊ごとにで600点→700点→800点レベルのように分かれていて金銭面や機能面でTOEIC受験者視点で見ると取り組みにくい英単語帳が多いです。

しかし、金のフレーズではレベル別に必要な単語を体系的に学び、しかも高頻度で出題される英単語から勉強することができます。だからこそ、無駄な英単語を勉強する必要性がなく、最短で結果を出せる英単語帳ということができます。

また、金のフレーズの想定読者はTOEIC500点以上の方と本書の中で書かれています。じゃあ、500点以下から勉強したい人はどうすればいいの?という話ですが、これは金のフレーズで扱われている単語よりも基礎的な単語が朝日新聞出版さんから200語まとめれているファイルがあります。

●基礎英単語の200語まとめ

もちろん、200語だけでは足りないので基礎からしっかりと固めたい方には『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ 』をおすすめします。これは、まずは500点以上を取りたいという方におすすめです。目にしたことのある単語でも、『こんな意味あるんだ』と確認することができます。

Amazon評価もめちゃくちゃ良いので、おすすめです

実際に出題された単語が収録されている

著者のTEX加藤さんはTOEIC公開テストを10年以上受けていて、100回以上満点を取得しています。そして、毎回の受験でTEXファイルと呼ばれる極秘ファイルを作製しています。それは実際に出題された単語や重要表現がまとめれているファイルです。

過去問や問題の持ち出しが許されていないTOEICテストにおいて、実際に出題された単語や表現を知るのはほぼ不可能でしたが、TEX加藤さんがそれを可能にしてくれました。TEXファイルの中から、抽出された重要英単語が金のフレーズには収録されています。

また、TOEICは同じような単語や表現が繰り返し出ます。だからこそ、過去に出題された単語を覚えることには大きな意味があると言えます。

発音も学べる

金のフレーズでは単語・フレーズを音声で読み上げてくれる無料アプリから、単語の発音を確認することができます。黙々と英単語の意味だけ暗記するのではなく、発音もセットで覚えることで、リスニングにも活かすことができます。以下のアプリ”abceed”を使えば、発音を聞きながら単語帳を使えます。

●TOEIC対策アプリ abceed

聴覚と視覚で同時に学習すると、学習効率が上がるのでおすすめです。

TOEICの有益な情報も知れる

TOEICを100回以上受けているTEX加藤先生だからこそ語れるTOEICとその単語に関係する情報が書かれています。

『こんな出題方法がされる』とか『多義語でこんな意味がある!』とか『Part4で頻出です!』みたいな有益な情報をここで知ることができます。ためになるだけでなく、単語勉強中のちょっとした息抜きになるので僕自身もこのTOEIC雑学は好きです。適度に息抜きもできるのが、この単語帳をしっかり一冊極められる人が多い理由かもしれないですね。

金のフレーズの使い方

金のフレーズの構造はかなりシンプルです。

単語・意味・例文・雑学の4つから構成されています。

まずは金のフレーズの使い方について話します。シンプルな2ステップです。

それが 知っている単語をはじく → 知らない単語だけを覚える とこれだけです。詳しく以下で説明します。

①知っている単語をはじく

金のフレーズを使うという方は、ある程度の単語力はあるけれどTOEICを受験するには少し単語力が不足しているという方が多いです。そういった方が金のフレーズを見ると、前半は知っている単語が多いです。

知っている単語を覚えるのは無駄な時間になるので、最初に弾きます。

『せっかくお金出して単語帳を買ったんだから、全部覚えなきゃ!』というマインドは捨てましょう。できるだけ短い時間で最高の成果を出せた方が良いに決まっています。

最初に覚える単語数を減らすことで、自分に必要な単語だけを効率よく学習することができます。

しかし、ここで注意点があります。それは『意味を知っている』のと『単語を知っている』のは違う点です。意味を覚える=単語を習得する ではありません。意味に加えて、単語の発音・用法・関連表現などもセットで覚えて初めて、その単語を覚えると言えます。

なので、ここでは意味・発音・用法・関連表現を理解しているものだけ弾いてください。TOEIC学習において、意味だけ知っていれば良い単語は無いです。そうすると、あまり多くは覚えていないのであまり多くは弾けなくなります。でも、その単語を覚えることが自分の成長に繋がるので、地道に覚えていきましょう!

これが”金のフレーズ”の使い方その1です。

②知らない単語だけを覚える

覚えていなかった単語を覚える際は、先程言った通り意味・発音・用法などもセットで覚えていきます。金のフレーズは、出題される表現や例文が収録されているので、きちんとセットで覚えることがTOEICで高得点を取るのに活きていきます。

覚えるって言われても、英単語を覚えるのに苦戦する方多いですよね?

そんな方向けに、最短で英単語を覚える方法について書いた記事がありますので英単語の暗記テクニックを知りたい方はこちらをご覧ください。

●英単語を楽に最速で覚える方法

以下でも簡単にですが、具体的な金のフレーズの勉強方法を話していきます。

金のフレーズの勉強方法

金のフレーズなど英単語帳を使う場合には、正しい使い方と勉強方法を知る必要があります。この二つを身に付けることで、効率よく英単語を覚えることができます。

ここで押さえる金のフレーズ勉強方法は4個です。

①単語見る→意味見るの順でやる

単語帳や目的によっては、和訳を見てそれに相当する単語を思い出すという勉強方もありますが、TOEICで点を取りたいのであれば効率が悪すぎる勉強法です。

なぜなら、TOEICでは英語のみで問題が構成されていて、日本語を英語に変換する能力は求めれていません。

今一番やるべきことは、TOEICの点数を上げることだと思います。なので、金のフレーズを使って、英単語を見て意味が出てくるようにしましょう。

②しっかり読むのではなく、サラッと読む

英単語を覚える際に有効な方法は、1日10単語みたいな1単語ごとに全力を注ぐ覚え方ではなく、1日100単語に取り組むという方法です。

この理由ですが、人間の忘却と関係があります。

短いスパンで英単語帳を進めることで、完全に忘れる前に同じ英単語に触れられます。覚える→忘れる→覚える→忘れる…というのを何度も、高頻度で繰り返すことでそれが長期記憶になります。しかも、この方法の方が速く楽に覚えられます

Wikipedia 忘却曲線より

③ある程度覚えたら音読を取り入れる

英単語をサラッと読む作業を何回か繰り返すとある程度覚えた単語も増えてきます。この段階で例文の音読をやりましょう。

TOEICで出る表現を読むことで、リスニング力の向上や英語処理速度の上昇に繋がります。また、聴覚と視覚を同時に刺激できるので、単語を忘れにくくなります。

僕自身、記憶力があまりよくない方だと感じていたのですが、音読を取り入れてから暗記効率が抜群にUPしました!

④反復回数を増やしていく

英単語などの暗記で必要な事は何回その単語帳を繰り返したかです。決して、物覚えの良さではありません。

30分かけて一周する勉強法と30分で二周する勉強法を比較すると、二周やる勉強法の方が確実に覚えられます。これが短期反復による暗記法です。普段、英単語を覚える際に意識してほしいのがこの短期反復の回数を増やすということです。

つまりどういうことかというと、一単語ごとにしっかり覚えようとしているのを、英単語と意味をサラッと見て短時間に何回も同じ単語に触れるようにするということです。

これを行うと、単語帳一冊を仕上げるのがめちゃ楽になります。

そして、次に意識するべきことが時間を少し空けて何度も何度も英単語帳を繰り返すことです。これが長期反復による暗記法です。TOEICで高得点を出している方の記事やツイートを拝見しても、英単語帳は10周以上は繰り返しています。

なぜ時間を空けてから英単語帳を繰り返すかというと、忘れないようにするためです。

忘れる→覚える→忘れる→覚える→忘れる→… という暗記サイクルを繰り返すことで、脳の英単語暗記回路が作られて、時間が経っても忘れない強固な記憶にすることができます。

まとめ

white red and green wooden street sign

今回は金のフレーズの使い方と勉強法について話してきました。

以上の方法に沿って、金のフレーズを勉強することでTOEICで必要な単語はほぼ全てカバーすることができます。

まずは、金のフレーズを手元に用意してすぐ始めましょう。いつ始められるかが肝です。

Amazon Primeに入って今すぐ頼むと、明日から金のフレーズに取り組むことができます。初回登録だと一か月目は無料なのでおすすめです。


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

すごくお勧めですので、是非ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です